Script is OFF
  • 総エントリー数:

MMA MUSIC ARCHIVE -総合格闘技音楽倉庫-

PRIDE、DREAMをはじめ、Dynamite!!、戦極/SRC、K-1、UFC等の格闘技イベントにおいて、オープニング、入場曲(入場テーマ曲)、煽りVTR等で使用された楽曲情報のアーカイブサイトです。

HOME > スポンサー広告 > UFC JAPAN 2013 直前番組「誇り、帰還。」使用曲 4/11(動画アリ)UFC 日本大会関連 > UFC JAPAN 2013 直前番組「誇り、帰還。」 > UFC JAPAN 2013 直前番組「誇り、帰還。」使用曲 4/11(動画アリ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ
選手
音楽ジャンル
コンテンツなど:
大会名:
カテゴリー:
スポンサー広告
スポンサーリンク
  1. [編集]

UFC JAPAN 2013 直前番組「誇り、帰還。」使用曲 4/11(動画アリ)

楽曲情報

UFC JAPAN 2013 直前番組「誇り、帰還。」使用曲の4曲目はThe Whoの 「Baba O'Riley」 。収録アルバムは「Who's Next (Dlx) (Dig)」。他。

曲目リスト

1. Baba O'Riley
2. Bargain
3. Love Ain't For Keeping
4. My Wife
5. The Song Is Over
6. Getting In Tune
7. Going Mobile
8. Behind Blue Eyes
9. Won't Get Fooled Again
10. Baby Don't You Do It (Bonus Track)
11. Getting In Tune (Bonus Track)
12. Pure And Easy (Bonus Track)
13. Love Ain't For Keeping (Bonus Track)
14. Behind Blue Eyes (Bonus Track)
15. Won't Get Fooled Again (Bonus Track)

1. Love Ain't For Keeping (Live At The Young Vic)
2. Pure And Easy (Live At The Young Vic)
3. Young Man Blues (Live At The Young Vic)
4. Time Is Passing (Live At The Young Vic)
5. Behind Blue Eyes (Live At The Young Vic)
6. I Don't Even Know Myself (Live At The Young Vic)
7. Too Much (Live At The Young Vic)
8. Of Anything (Live At The Young Vic)
9. Getting In Tune (Live At The Young Vic)
10. Bargain (Live At The Young Vic)
11. My Generation (Live At The Young Vic)
12. (I'm A) Road Runner (Live At The Young Vic)
13. Naked Eye (Live At The Young Vic)
14. Won't Get Fooled Again (Live At The Young Vic)

外部リンク
UFC JAPAN 2013 直前番組「誇り、帰還。」使用曲 4/11
Baba O'RileyThe Who
Who's Next (Dlx) (Dig)
Who's Next (Dlx) (Dig)
The Who

Mca 2003-03-25
売り上げランキング : 50308

Amazonで詳しく見る


関連タグ
スポンサーリンク
  1. [編集]

MENU

楽天市場おすすめ商品

バナーエリア2

人気記事ランキング

ブログパーツ

About this site

GERONIMO

このサイトは、格闘技イベントにおいて、オープニング、入場テーマ、煽りVTR等で使用された楽曲情報のアーカイブサイトです。→MORE!

格闘技ブログランキング参加中!ご支援お願いします!
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキングへ
QR
RSS
管理画面

オススメ

amazon売れ筋ランキング

Extrail -極上煽りV-

このページの先頭へ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。