Script is OFF
  • 総エントリー数:

MMA MUSIC ARCHIVE -総合格闘技音楽倉庫-

PRIDE、DREAMをはじめ、Dynamite!!、戦極/SRC、K-1、UFC等の格闘技イベントにおいて、オープニング、入場曲(入場テーマ曲)、煽りVTR等で使用された楽曲情報のアーカイブサイトです。

HOME > スポンサー広告 > UFC JAPAN 2013 直前番組「誇り、帰還。」使用曲 1/11(動画アリ) UFC 日本大会関連 > UFC JAPAN 2013 直前番組「誇り、帰還。」 > UFC JAPAN 2013 直前番組「誇り、帰還。」使用曲 1/11(動画アリ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ
選手
音楽ジャンル
コンテンツなど:
大会名:
カテゴリー:
スポンサー広告
スポンサーリンク
  1. [編集]

UFC JAPAN 2013 直前番組「誇り、帰還。」使用曲 1/11(動画アリ)

楽曲情報

UFC JAPAN 2013 直前番組「誇り、帰還。」使用曲の1曲目は 「硫黄島からの手紙メイン・テーマ」。収録アルバムは「硫黄島からの手紙 オリジナル・サウンドトラック 」。


硫黄島からの手紙』(いおうじまからのてがみ、Letters from Iwo Jima)は、2006年のアメリカ合衆国の戦争映画である。『父親たちの星条旗』(Flags of Our Fathers)に続く、第二次世界大戦における硫黄島の戦いを日米双方の視点から描いた「硫黄島プロジェクト」の日本側視点の作品である。劇中の栗林忠道陸軍大将の手紙は、彼の手紙を後にまとめた『「玉砕総指揮官」の絵手紙』(栗林忠道・著 吉田津由子・編)[4]に基づいている。監督やスタッフは『父親たちの星条旗』と同じくクリント・イーストウッドらがそのまま手掛けた。当初のタイトルは『Red Sun, Black Sand』。ワールドプレミアは2006年11月15日に日本武道館で行われた。また、日本国内でテレビスポットにHDが採用された最初の作品である。

硫黄島からの手紙(Wikipedia)


曲目リスト

1. メイン・テーマ
2. 手紙のモンタージュ
3. 戦闘への準備
4. 自決
5. 敵の砲撃
6. 清水の過去
7. 夕食会
8. 近づく終末
9. 栗林、別れの手紙
10. 硫黄島守備隊に捧げる歌
11. 死を願う栗林
12. エンディング・パート1
13. エンディング・パート2

外部リンク
UFC JAPAN 2013 直前番組「誇り、帰還。」使用曲 1/11
メイン・テーマ
硫黄島からの手紙 オリジナル・サウンドトラック
硫黄島からの手紙 オリジナル・サウンドトラック
カイル・イーストウッド サントラ

ビクターエンタテインメント 2006-12-20
売り上げランキング : 144258


Amazonで詳しく見る
関連タグ
スポンサーリンク
  1. [編集]

MENU

楽天市場おすすめ商品

バナーエリア2

人気記事ランキング

ブログパーツ

About this site

GERONIMO

このサイトは、格闘技イベントにおいて、オープニング、入場テーマ、煽りVTR等で使用された楽曲情報のアーカイブサイトです。→MORE!

格闘技ブログランキング参加中!ご支援お願いします!
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキングへ
QR
RSS
管理画面

オススメ

amazon売れ筋ランキング

Extrail -極上煽りV-

このページの先頭へ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。