Script is OFF
  • 総エントリー数:

MMA MUSIC ARCHIVE -総合格闘技音楽倉庫-

PRIDE、DREAMをはじめ、Dynamite!!、戦極/SRC、K-1、UFC等の格闘技イベントにおいて、オープニング、入場曲(入場テーマ曲)、煽りVTR等で使用された楽曲情報のアーカイブサイトです。

HOME > スポンサー広告 > DREAM 17 PV バンタム級世界トーナメント1回戦 所英男vsアントニオ・バヌエロス編 使用曲 2/3(動画アリ)DREAM 2011年 > DREAM.17 > DREAM 17 PV バンタム級世界トーナメント1回戦 所英男vsアントニオ・バヌエロス編 使用曲 2/3(動画アリ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ
選手
音楽ジャンル
コンテンツなど:
大会名:
カテゴリー:
スポンサー広告
スポンサーリンク
  1. [編集]

DREAM 17 PV バンタム級世界トーナメント1回戦 所英男vsアントニオ・バヌエロス編 使用曲 2/3(動画アリ)

楽曲情報

DREAM 17 PV バンタム級世界トーナメント1回戦 所英男vsアントニオ・バヌエロス 使用曲2曲目は Voices of East Harlemの「Proud Mary」 収録アルバムは「Right on Be Free」。

Youtubeで動画の方を探したのですがTina Turnerをはじめとする他のアーティストの動画のみでしたが、その中にミュージックフェアで演奏されたものがあり、日本語訳字幕がありました。

それによると 楽曲タイトルの「Proud Mary」とは「プラウド・メアリー号」という船のことのようで、報われない生活をしていた労働者がその船にのり、その快進撃とも言うべき船の航行の様子を歌った曲のようです。

その「プラウド・メアリー号」に所英男を重ね合わせての選曲でしょう。ノリノリで陽気な曲調、歌詞はまさに『それって「浮かれてる」って言うんじゃないですか?』という様子を表した楽曲ですね。

外部リンク


プラウド・メアリー」(Proud Mary)は、アメリカ合衆国の歌手・ギタリスト、ジョン・フォガティが製作した楽曲。フォガティがリードギター・リードボーカルを務めていたロックバンド、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(以下CCR)が1969年に発表したアルバム『Bayou Country』に初収録された。

プラウド・メアリー」は長年にわたって多くのアーティストにカバーされている。

(Wikipediaより)


曲目リスト

1. Right On Be Free
2. Simple Song Of Freedom
3. Proud Mary
4. Music In The Air
5. Oh Yeah
6. For What It's Worth
7. Let It Be Me
8. No, No, No
9. Gotta Be A Change
10. Run Shaker Life

DREAM 17 PV
バンタム級世界トーナメント1回戦 所英男vsアントニオ・バヌエロス編 使用曲 2/3
Proud MaryVoices of East Harlem
Right on Be Free (CD-R)

Right on Be Free (CD-R)
Voices of East Harlem

Tartare 2010-10-26
売り上げランキング : 455522

Amazonで詳しく見る


関連タグ
選手
音楽ジャンル
コンテンツなど:
PV
大会名:
カテゴリー:
DREAM.17
スポンサーリンク
  1. [編集]

MENU

楽天市場おすすめ商品

バナーエリア2

人気記事ランキング

ブログパーツ

About this site

GERONIMO

このサイトは、格闘技イベントにおいて、オープニング、入場テーマ、煽りVTR等で使用された楽曲情報のアーカイブサイトです。→MORE!

格闘技ブログランキング参加中!ご支援お願いします!
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキングへ
QR
RSS
管理画面

オススメ

amazon売れ筋ランキング

Extrail -極上煽りV-

このページの先頭へ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。