Script is OFF
  • 総エントリー数:

MMA MUSIC ARCHIVE -総合格闘技音楽倉庫-

PRIDE、DREAMをはじめ、Dynamite!!、戦極/SRC、K-1、UFC等の格闘技イベントにおいて、オープニング、入場曲(入場テーマ曲)、煽りVTR等で使用された楽曲情報のアーカイブサイトです。

HOME > スポンサー広告 > ティト・オーティズ 入場曲(動画アリ)入場曲 > ティト・オーティズ 入場曲(動画アリ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ
選手
音楽ジャンル
コンテンツなど:
大会名:
カテゴリー:
スポンサー広告
スポンサーリンク
  1. [編集]

ティト・オーティズ 入場曲(動画アリ)

曲目リスト

1. Cold Wind Blows
2. Talkin' 2 Myself
3. On Fire
4. Won't Back Down
5. W.T.P.
6. Going Through Changes
7. Not Afraid
8. Seduction
9. No Love
10. Space Bound
11. Cinderella Man
12. 25 to Life
13. So Bad
14. Almost Famous
15. Love the Way You Lie
16. You're Never Over

楽曲情報

ティト・オーティズの2011年7月2日 UFC132参戦時の入場曲Eminemの「Not Afraid」。収録アルバムは「Recovery」。

余談になりますが、2010年9月25日 DREAM.16参戦時のリオン武選手の入場曲Eminemの 「Not Afraid」 になります。


2000年代を代表するヒップホップ・モンスター、Eminemが前作『Relapse』からほぼ1年という彼にしては短いスパンでニューアルバムを発表。今回はDr Dreが関わったのは1曲のみで(ただしエグゼクティブ・プロデューサーはDre)、Eminem自身もミキシング等にはクレジットされているが、プロデュースした楽曲は無し。Drakeの出世曲「Best I Eer Had」などを手がけたBoi-1daやDJ Khalil、Just Blaze、Jim JonsinらEminem作品では初顔合わせとなるプロデューサーを中心に複数の制作布陣で挑んだ注目の1枚。マニアックなネタ使いで、ドープでソウルフルなトラックからキワモノまでこなす職人Just Blazeとの絡みは初顔合わせとは思えぬほど相性が良く、Drakeだったらユルく歌うであろうBoi-1daの「Seduction」でもEminemの力強いラップはしっくりハマり、PinkやRihannaのような人気女性シンガーを迎えた楽曲は過剰な売れ線狙いに陥ることなく仕上がっている。新しいプロデューサーの楽曲を完全に自分のモノにしているのはやはりスゴいの一言。『Relapse』でラッパーとしての格の違いを見せ付けてくれたEminemだが、最新作でもその評価は揺るがない。いや前作以上に絶賛されるべき作品かも知れない。 →HMVオンラインで詳しく見る icon

(HMVオンラインより)


ティト・オーティズ 入場曲
「Not Afraid」 Eminem

※2011年7月2日 UFC132参戦時等
Recovery
Recovery
Eminem

Aftermath 2010-06-22
売り上げランキング : 1263

Amazonで詳しく見る 

関連タグ
選手
音楽ジャンル
コンテンツなど:
大会名:
カテゴリー:
入場曲
スポンサーリンク
  1. [編集]

MENU

楽天市場おすすめ商品

バナーエリア2

人気記事ランキング

ブログパーツ

About this site

GERONIMO

このサイトは、格闘技イベントにおいて、オープニング、入場テーマ、煽りVTR等で使用された楽曲情報のアーカイブサイトです。→MORE!

格闘技ブログランキング参加中!ご支援お願いします!
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキングへ
QR
RSS
管理画面

オススメ

amazon売れ筋ランキング

Extrail -極上煽りV-

このページの先頭へ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。