Script is OFF
  • 総エントリー数:

MMA MUSIC ARCHIVE -総合格闘技音楽倉庫-

PRIDE、DREAMをはじめ、Dynamite!!、戦極/SRC、K-1、UFC等の格闘技イベントにおいて、オープニング、入場曲(入場テーマ曲)、煽りVTR等で使用された楽曲情報のアーカイブサイトです。

HOME > スポンサー広告 > ジェームス・トンプソン 入場曲(動画アリ)入場曲 > ジェームス・トンプソン 入場曲(動画アリ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ
選手
音楽ジャンル
コンテンツなど:
大会名:
カテゴリー:
スポンサー広告
スポンサーリンク
  1. [編集]

ジェームス・トンプソン 入場曲(動画アリ)

曲目リスト

1. Pump It
2. Don't Phunk With My Heart
3. My Style
4. Don't Lie
5. My Humps
6. Like That
7. Dum Diddly
8. Feel It
9. Gone Going
10. They Don't Want Music
11. Disco Club
12. Bebot
13. Ba Bump
14. Audio Delite At Low Fidelity
15. Union

楽曲情報

Monkey Business」はBlack Eyed Peasの2005年発売の4枚目のアルバム。

ジェームス・トンプソン入場曲として使われた楽曲「Pump It」はDick Dale&His Del-Tones の「MISIRLOU」のマッシュアップ楽曲でイントロの印象的なギターリフは誰もが一度は耳にした楽曲だと思います。原曲のテイストを残しながら、全く別の楽曲としてお洒落に仕上げるのはさすがBlack Eyed Peasと言ったところでしょうか。

また、原曲の「MISIRLOU」の方は映画「パルプ・フィクション」 のテーマ曲として使われた他、ピーターアーツの入場曲としても使用されていたので、格闘技ファンはまた違う印象を感じるかもしれません。→ピーター・アーツ 入場曲「MISIRLOU」-Dick Dale&His Del-Tones

Black Eyed Peasの楽曲は数回(もしかしたら一度のみ?)2009年にアリスター・オーフレイムが入場曲として「I Gotta Feeling」を使用しておりました。Billboard Hot 100で14週連続1位を獲得したこちらの楽曲もあわせてチェックしてください→アリスター・オーフレイム 入場曲 2009「I Gotta Feeling」 Black Eyed Peas

選手情報

ジェームス・トンプソン(James Thompson、男性、1978年12月16日 - )は、イギリスの総合格闘家。イングランド・マンチェスター出身。LONDON SHOOT FIGHTERS所属。PRIDEでのニックネームは「HYPERウルトラMEGAパンク」。

ヘラクレスを彷彿とさせる筋骨隆々とした肉体を持ち、その試合は勝ち負けにかかわらずKO決着となることが多い。

ゴングが鳴ると同時にダッシュをし、敵にラッシュを仕掛ける「ゴング&ダッシュ」戦法を得意としている。近年は、相手の様子を伺いながらのファイトも見られるようになってきている(吉田秀彦戦、キンボ・スライス戦など)。

(Wikipediaより 2010年5月10日現在)

外部リンク
ジェームス・トンプソン 入場曲
「Pump It」Black Eyed Peas
※2010年2010年9月25日DREAM.16参戦時等
Monkey Business (Dig)

Monkey Business (Dig)
Black Eyed Peas

A&M 2005-06-07
売り上げランキング : 12623

Amazonで詳しく見る

関連タグ
選手
音楽ジャンル
コンテンツなど:
大会名:
カテゴリー:
入場曲
スポンサーリンク
  1. [編集]

MENU

楽天市場おすすめ商品

バナーエリア2

人気記事ランキング

ブログパーツ

About this site

GERONIMO

このサイトは、格闘技イベントにおいて、オープニング、入場テーマ、煽りVTR等で使用された楽曲情報のアーカイブサイトです。→MORE!

格闘技ブログランキング参加中!ご支援お願いします!
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキングへ
QR
RSS
管理画面

オススメ

amazon売れ筋ランキング

Extrail -極上煽りV-

このページの先頭へ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。