Script is OFF
  • 総エントリー数:

MMA MUSIC ARCHIVE -総合格闘技音楽倉庫-

PRIDE、DREAMをはじめ、Dynamite!!、戦極/SRC、K-1、UFC等の格闘技イベントにおいて、オープニング、入場曲(入場テーマ曲)、煽りVTR等で使用された楽曲情報のアーカイブサイトです。

HOME > スポンサー広告 > 川尻達也 入場曲(動画アリ)入場曲 > 川尻達也 入場曲(動画アリ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ
選手
音楽ジャンル
コンテンツなど:
大会名:
カテゴリー:
スポンサー広告
スポンサーリンク
  1. [編集]

川尻達也 入場曲(動画アリ)

楽曲情報

川尻達也入場曲B-DASHの 「Water Pow」。収録アルバムは「Freedom」他。


B-DASH(ビーダッシュ)は、日本の男性3人組のロックバンド。1997年結成。Limited Records、東芝EMIを経て現在はインディーズレーベルに所属している。

メロコアのリズムにのせた、日本語でも英語でもない意味不明な歌詞が特徴。また、歌詞中にも「適当アドリブめちゃくちゃ語」というものが入っている。その代表作としては「ちょ」、「ハーコー」がある。時には英詩も書くが、「Get It Way」では前半は英語の教科書から例文を抜いて作った英詩で構成されている。(後半はGONGON曰く『抜き出す例文がなくなった』ということでアドリブになっている。) しかし、2004年2月4日に発売されたアルバム『ビッグ ブラック ストア(連絡しろ)』の収録曲には、珍しく「日本語」のみの曲が多く入っており、しかも2005年8月17日発売の『NEW HORIZON』は、インスト1曲を除く全曲が日本語詞(一部楽曲で元SUPERCARのいしわたり淳治に作詞を依頼)であり、B-DASHの違った面が見られる。

「適当めちゃくちゃ語アドリブ」は、GONGON曰く「日本語歌詞を作るのが面倒」、 「洋楽の歌詞が書けないので英語っぽく唄っている」、「言葉という概念を捨て、音として聴いてほしい」と、 さまざまな理由を雑誌のインタビューで発言しているが、どれが基本なのかは不明。

サウンドも「1番、2番」、「Aメロ、Bメロ、サビ」のような形式に捉われず、変化に富んだ楽曲が多い。

(Wikipediaより)


Freedom
B-DASH
曲目リスト

1. Get it way
2. Go my friends
3. HOHOI
4. 炎
5. Water Pow
6. Gonna way
7. Race Problem
8. 海空山
9. One day
10. 水の遊び場

選手情報

川尻 達也(かわじり たつや、男性、1978年5月8日 - )は、日本の総合格闘家。茨城県稲敷郡江戸崎町(現・稲敷市)出身。茨城県立土浦第三高等学校、中央学院大学卒業。元修斗世界ウェルター級王者。

強靭な肉体を生かした、寝ても立っても殴る無骨なスタイルを得意とする。

(Wikipediaより 2011年5月5日現在)

外部リンク
川尻達也 入場曲
「Water Pow」 B-DASH
Freedom

Freedom
B-DASH

Limited Records 1999-12-01
売り上げランキング : 52005

Amazonで詳しく見る
 

関連タグ
選手
音楽ジャンル
コンテンツなど:
大会名:
カテゴリー:
入場曲
スポンサーリンク
  1. [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


MENU

楽天市場おすすめ商品

バナーエリア2

人気記事ランキング

ブログパーツ

About this site

GERONIMO

このサイトは、格闘技イベントにおいて、オープニング、入場テーマ、煽りVTR等で使用された楽曲情報のアーカイブサイトです。→MORE!

格闘技ブログランキング参加中!ご支援お願いします!
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキングへ
QR
RSS
管理画面

オススメ

amazon売れ筋ランキング

Extrail -極上煽りV-

このページの先頭へ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。