Script is OFF
  • 総エントリー数:

MMA MUSIC ARCHIVE -総合格闘技音楽倉庫-

PRIDE、DREAMをはじめ、Dynamite!!、戦極/SRC、K-1、UFC等の格闘技イベントにおいて、オープニング、入場曲(入場テーマ曲)、煽りVTR等で使用された楽曲情報のアーカイブサイトです。

HOME > スポンサー広告 > ピーター・アーツ 入場曲 2010年 最新入場曲 > ピーター・アーツ 入場曲 2010年 最新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ
選手
音楽ジャンル
コンテンツなど:
大会名:
カテゴリー:
スポンサー広告
スポンサーリンク
  1. [編集]

ピーター・アーツ 入場曲 2010年 最新

Let There Be Rock
AC/DC
曲目リスト

1. Go Down
2. Dog Eat Dog
3. Let There Be Rock
4. Bad Boy Boogie
5. Problem Child
6. Overdose
7. Hell Ain't Bad Place To Be
8. Whole Lotta Rosie

選手情報

ピーター・アーツ(Peter Aerts、男性、1970年10月25日 - )は、オランダ・北ブラバント州アイントホーフェン出身のキックボクサー。ドージョー・チャクリキ、チーム・アーツ所属。

K-1 GRAND PRIX '94、'95、'98王者であり、K-1史上初のグランプリ2連覇および3度目の優勝を成し遂げたほか、6度の決勝トーナメントファイナル最多出場記録を持つ。K-1の第1回大会から参戦し、17度の決勝トーナメント最多出場記録、更には16年連続決勝トーナメント進出記録をはじめとする様々な記録を築いた。K-1創成期に自身のライバルであったアンディ・フグ、アーネスト・ホースト、マイク・ベルナルドとは「K-1四天王」として並び称され、ハイキックで対戦相手をKOする姿と、彼の父親が樵であることをかけて、大木をなぎ倒す樵の意である「"The Dutch Lumberjack"(ダッチ・ランバージャック)」[1]の異名を持つほか、「Mr.K-1」、「オランダの怪童」、「20世紀最強のキックボクサー」、「20世紀最後(20世紀最強)の暴君」、「絶対王者」、「進化し続ける(進化する)伝説」などと称されるファイターである。入場の際には必ずバッファローチェックのジャケットを羽織り、さらに帽子を被るという、北米の樵たちの伝統的なスタイルで入場している。

主な入場曲はMisirlou。

(Wikipediaより2011年5月19日現在)

ピーター・アーツ 入場曲
「Whole Lotta Rosie」AC/DC
*2010年12月11日(土)K-1 WORLD GP 2010 FINAL参戦時
Let There Be Rock
Let There Be Rock
AC/DC

Sony 2003-04-29
売り上げランキング : 87253


Amazonで詳しく見る
関連タグ
選手
音楽ジャンル
コンテンツなど:
大会名:
カテゴリー:
入場曲
スポンサーリンク
  1. [編集]

MENU

楽天市場おすすめ商品

バナーエリア2

人気記事ランキング

ブログパーツ

About this site

GERONIMO

このサイトは、格闘技イベントにおいて、オープニング、入場テーマ、煽りVTR等で使用された楽曲情報のアーカイブサイトです。→MORE!

格闘技ブログランキング参加中!ご支援お願いします!
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキングへ
QR
RSS
管理画面

オススメ

amazon売れ筋ランキング

Extrail -極上煽りV-

このページの先頭へ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。